佐々木蔵之介がサラリーマン時代勤めていた会社はどこ?同僚はアノ芸人!

佐々木蔵之介




こんにちは、あおです(´ω`*)

   

いきなりですが、、、、

  

俳優の佐々木蔵之介さんって俳優になる前、
サラリーマンとしてい
働いていたって知ってましたか!?!?

    

私は最近知りましたw

    

しかも、サラリーマン時代の同僚に
アノお笑い芸人がいたとか!?

   

佐々木蔵之介さんが同僚とか
ただただ自慢でしかないですよね(笑)

  

と、いうことでこの記事では
佐々木蔵之介さんが働いていた会社や、
同僚のお笑い芸人についてなど、
サラリーマン時代のエピソードについて
調べてまとめてみました!

佐々木蔵之介さんが勤めていた会社はどこ?会社名は?

そもそも佐々木蔵之介さんの実家は
佐々木酒造
を営んでおり、
就職しなくてもお家を継ぐことも可能だったはず!

  

しかし、佐々木蔵之介さんは
酒造りに関しては後で学べばいいと考え、
まずはそれをどう売っていくかを
考えた方がいいんじゃないかと思い、
家は継がず、就職することを選んだそうです。

      

で、佐々木蔵之介さんが就職先に選んだのは広告代理店でした。

    

酒造りに関して、後に学べばよいと考えるようになり「うちは佐々木酒造。メーカーは分かった、後で勉強すると。

じゃあそれをどう売っていくかを考えた方がいいんじゃないかと思ったんですね」と語った。

それが理由で就職を考えたといい、広告代理店は「新聞、ラジオ、雑誌、イベント」など様々なことを取り扱うことから、「いろんな土壌ができる。

これを知っておくのがいいんじゃないかと思って、代理店を選んだ

引用https://journal.rikunabi.com/

     

学生の時に劇団をやっていて、芝居は作るだけでなく、どうPRするかも大事なんだなと思ったんです。

お客さんが入らないと成り立たないですから。

それは家業を継いだときも同じなんだろうなと。

お酒をどう売っていくのかっていう。

商社も考えましたけれど、広告代理店なら、ラジオやテレビ、いろいろなメディアを勉強できると思ったんです。

引用https://journal.rikunabi.com/

    

佐々木蔵之介さんはその広告代理店で
営業部に配属され、
しかも空港や公団、省庁などちょっとお堅めな
官公庁系を担当していたそうです。

   

で、気になるのが
佐々木蔵之介さんが勤めていた会社名ですよ!!

  

調べてみたとこと、
佐々木蔵之介さんが勤めていた広告代理店は
株式会社大広という会社のようです。

    

株式会社大広は大阪に支社があり、
佐々木蔵之介さんはサラリーマン時代は
大阪で過ごされていたことを話されています

  

のちに紹介する、
サラリーマン時代同期だった芸人さんが勤めていた会社も
株式会社大広だった
ので
佐々木蔵之介さんが勤めていた会社は
大広で間違いないかと思われます。

   

ちなみに当時、新卒者向けの会社案内の
パンフレットに佐々木蔵之介さんが
載っていたいたんだとかw

   

ああ~、覚えています。僕が入社して2年目くらいですね。同期がパンフレットを作っていて、出てくれと頼まれて。舞台に出て、変なメイクしている写真でしょう(笑)。

     

どんなパンフレットだったか気になるw

佐々木蔵之介さんのサラリーマン時代の同僚はアノお笑い芸人!

佐々木蔵之介さんが会社員時代、
同期だったお笑い芸人は
ますだおかだの増田さんです!

  

佐々木蔵之介
出典https://ameblo.jp/

    

年齢は佐々木蔵之介さんの方が年上ですが
大広には同じ年に入社しているようですね。

  

しかもお二人はドラマ
『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』で
同期のサラリーマン役をされていました。

  

会社員時代の同期と
ドラマで同期を演じるなんて
なんか感慨深いものがありそうですよねw

    

ますだおかだの増田さん自身、
いつか佐々木蔵之介さんと
サラリーマン役ができたらいいな、
と思っていたそうですよ。^^

  

“いつか佐々木とサラリーマン役で共演できたらなぁ…ドラマかCMで(広告代理店で働いていたので)”とずっと思っていたので、“ホンマに来た!”と感激しています。今回僕の役名が“横尾”。実は僕らの会社員時代に横尾という同期がいたので、その奇遇に蔵之介と台本見てビックリしていました。去年の同期会でも会ったその横尾君はまだ黄昏ずに会社でバリバリ頑張っていますけど(笑)

引用https://www.fujitv.co.jp/

    

役名で横尾、同期でも横尾がいた偶然ww

   

佐々木蔵之介
出典https://ameblo.jp/

     

また違う場所でも
お互い活躍しているっていうのが
素敵なことですよね( *´艸`)

佐々木蔵之介さんのサラリーマン時代のエピソード

佐々木蔵之介さんは当時、
会社員と役者と二足の草鞋で
活動を続けていたそうです。

  

そのため仕事と舞台の講演の
板挟みになったりと
両立がかなり大変だったそうですね。

  

しかも広告代理店って
なんか仕事ハードそうですしね、、、(*_*)

  

そしてある時、
キャラメルボックスという東京の劇団から
3カ月間の公演に誘ってもらった佐々木蔵之介さん。

   

当時大阪で仕事していたため
出演をお断っていたそうですが、
何度も声を掛けてくくれたのもあり、
ちょっとお芝居にすすんでみようと思ったときに
会社を辞めることを伝えたそうです。

   

しかし、当時の上司が
『3か月やろ、なら3か月間休んだらええやん』よ
言ってくれたそうです。

   

優しい上司!!!  

    

だけど佐々木蔵之介さんは
さすがにそういうわけにはいかない、
と思い辞めることにしたそうです。

   

だけど、そういう理解がある上司がいたからこそ、
会社員と役者の二足の草鞋で活動を
続けてこれたんだろうな~と思いますね。

佐々木蔵之介さんのプロフィール

佐々木蔵之介
出典https://www.crank-in.net/

   

本名:佐々木 秀明
生年月日:1968年2月4日
出身地:京都府京都市
身長:182㎝
血液型:O型
事務所:ケイファクトリー

     

大学在学中から劇団「惑星ピスタチオ」の看板俳優として活躍。

2000年、NHK連続テレビ小説『オードリー』で注目される。

以降、ドラマ・映画・舞台と幅広く活躍。

05年には自らプロデュースを務める演劇ユニット「Team申」を立ち上げる。

まとめ

  • 佐々木蔵之介さんがサラリーマン時代勤めていた会社は、株式会社大広という広告代理店。
  • 佐々木蔵之介さんのサラリーマン時代の同期にはお笑い芸人のますだおかだの増田さんがいた。

   

以上、佐々木蔵之介さんが
サラリーマン時代に勤めていた会社や
会社員時代の同期は誰なのか?
について調べてまとめてみました!

  

佐々木蔵之介さんが広告代理店に勤めていたのは意外でした!

  

きっとこの社会人経験が
役者の活動にも生かされていたりするのかもですね(´ω`*)



よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする